少年と犬


久しぶりに読書しました、馳星周さんだから、犬だから・・・で気になって読んでたら直木賞受賞しててびっくり!これが直木賞作品かぁ~としみじみ、ハードボイルドで血生臭い馳さん感は残りつつ・・・ひたすら犬ってこんなんっていう、その忠実さとか慈愛の深さが詰まってて、それは泣きたくなるほど切なくて愛しくて、そしてやっぱり最後は号泣・・・人は犬に甘えすぎてるよな~とつくづく思いました。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示