top of page

がんの危険信号


先日、がん保険に関するセミナーがありました

医療の進歩とともにがんの治療もとても進歩しています

重粒子線の治療も一部のがんでは健康保険の対象になっていたり

5年生存率もとても高くなっていて

がん=死というのは大昔のお話で

今や治療できる病気となっているようです

でも何より変わったなと感じるのは

自覚症状もなく発見される早期がんが増えたってことです

もちろん早期のがんほど生存率は高いです 普通の健康診断からがんが見つかって~っていうことが

増えたのも医療の進歩でしょうけど 何か異常を感じたらすぐに受診するというのも

早期発見の大切なポイントです

自分の身体は自分が1番よく知ってるはずですから

ただの老化~とか

ちょっと疲れてるかな~とか

勝手に思い込まないで

ほんのひと手間

病院に行って調べてもらうことがとても大事です

ってことを

つくづく感じましたので

危険信号8か条

・胃の具合が悪い、食欲がない、好みが変わった

・おりものの異変、不正出血

・乳房のしこり

・喉のつかえ

・血便、粘液

・長引く咳、血痰、声のかすれ

・舌や皮膚の治りにくい潰瘍

・血尿

どれか思いつく事があったら早めに病院行って下さいね



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

節分

如月

bottom of page